どうも、ボードゲームアドバイザーの鉄狼です。
本日紹介するのは、最近のインディーズアナログゲーム界を盛り上げている
ハコオンナです!

『ハコオンナ』とは?

リ◯グとかああいう和風ホラーの世界観をボードゲームとして
繰り返し遊べるように設計された協力型ゲームです。

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:45分〜180分
対象年齢:10歳以上


【Twitterの反応】

『ハコオンナ』の特徴、問題点

『ハコオンナ』の特徴は「物音システム」と呼ばれる、
プレートを積み上げて崩れたらハコオンナがプレイヤーより先に動くギミックでしょう。
ぷるぷると指を震わせながらつんでいく緊張感は物音を立てないように歩く緊張感をうまく再現しています。

また、ハコオンナ側も遊べる部分が多く、プレイヤー達が調査でハコオンナが強化されるイベントを開いてしまうことで
アクションの幅が増えるので、ハコオンナ側もプレイヤー側も楽しく遊べます。

問題点はやはり時間ですね。
45分以上はかかりますし、はじめやってクリアできるかどうか難しいところでしょう。
ハコオンナをやるプレイヤーもある程度TRPGなどで慣れている方が向いていることもあり、
遊ぶメンバーによって面白さも変わるでしょう。

こんな人に『ハコオンナ』はおすすめ!

・和風ホラーが好きな人。
・TRPGをやりたいけど、シナリオを用意するのはちょっと苦手な人。
・くーるーきっとくるーという唄にピンとくる人。

最後に

二版が発売されていますが、売り切れ続出のようですね。
Twitterでもここまで盛り上がるゲームは中々ありませんので、
ゲームカフェなどにあったら、遊んでみてはいかがでしょう?

ハコオンナ公式ページはこちら!